東京でオスグッド治療

東京でオスグッド治療

■サッカーやテニス、そして野球などのプロのスポーツ選手の活躍もあって、スポーツクラブに入ったり、ジュニアチームに所属して熱心に練習を続けている小学生も多いようです。もちろん、暗くなるまで走り回ったりボールを追いかけたりしていれば元気で健康的なわけですが、場合によってはスポーツの影響でスポーツ障害が起こることがあります。たとえば、膝に痛みが起こっている場合は、オスグッド治療が必要なのかもしれません。

一般的にオスグッドは成長期の男子に発症することが多く、東京の千代田区にある神田はぴねす鍼灸整骨院でも、オスグッド治療が必要な患者さんというのは小学生の高学年から中学生に多く見られます。もちろん、体格や成長の速さによって成長期には幅がありますが、平均すれば男子のもっとも成長が著しい時期は13歳と言われていますので、まさに小学6年生から中学1年生あたりで膝に痛みが起こりオスグッド治療が必要になるわけです。ただ、膝に痛みがあったとしても、治療よりも練習を優先してしまう場合もあり、いよいよ我慢できないほどの激しい痛みになって、ようやくオスグッド治療を始めるケースも多いのではないでしょうか。オスグッド治療を始めると運動ができないとか、チームメイトから後れを取ってしまうといった気持ちも生まれるでしょうし、オスグッド治療を行っても結局は成長期が終わらないと治らないといった思い込みも多いのではないかと思います。もちろん、オスグッド治療中は膝に負担がかからないようにする必要がありますが、練習メニューを工夫することで、部活やチームの練習を休まずにオスグッド治療を続けることは可能です。

たとえば、オスグッド治療中はジャンプやランニングを避け、上半身の筋力アップを図るメニューを組むとか、運動後はアイシングを欠かさず、もちろんスケジュール通りにオスグッド治療を続けることも大切です。東京でも、数多くの少年スポーツチームが活躍していますが、もし東京でオスグッド治療のために整骨院をお探しであれば、東京のJR神田駅南口を出てすぐの場所にある神田はぴねす鍼灸整骨院にご相談ください。

神田はぴねす鍼灸整骨院

東京都千代田区鍛冶町2-1-1ズイホウビル3階

ご予約・お問合せはこちら

03-3526-2898

メールでのお問い合わせ
採用案内
受付月曜日~金曜日土曜日日曜日・祝日
診察時間11:00~20:3011:00~15:00